このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 024-563-71660
受付時間:平日10:00~17:00

NPO法人
元気になろう福島

NPO法人元気になろう福島 活動事例

福島県かわうち村
かわうち@WORK
福島県内の地域の活性化等に取り組み地域住民に対して、地域活性化に寄与することが出来ると考えられる各種提言その実現に向けた具体的なプロジェクトの構築についての支援やコンサルティング業務を行っています。(川内村では高齢者へのお弁当事業、農業支援事業、川内村産品PR事業、他都道府県からの移住定住者支援)
※体験宿泊・ワークショップ会場としてご利用いただけます。お気軽にお問合せ下さい。
福島伝承
ラーニングジャーニー

東日本大震災から11年が過ぎました。時の経過とともに3・11を思い起こす機会も少なりつつあります。一方今年も各地で大雨による災害が私たちの暮らす地域でも発生しています。福島での災害を後悔や反省を教訓として伝え未来に残していくことが大切だと考えスタディーツアーを主催しています。
福島伝承スタディーツアー2泊3日
令和4年度事業:4回開催
※現在募集締め切りました(参加希望者予定数が達しました)
※伝承ツアー個別対応いたします(実費負担)お気軽にお問合せ下さい。

経済産業省
「地域の伝統・魅力等発信支援事業」
福島の復興支援にご尽力頂いている台湾の各団体との連携で、「福島の復興・魅力発信を通した台湾国内での福島を応援していただく台湾市民コミュニティ形成事業」と題し、福島の魅力を台湾に伝える事による風評払拭・交流拡大のプロジェクトをしています。
①日本在住の台湾人若者による福島県取材ツアー ②福島を応援していただく台湾市民コミュニティ「福島前進団」の結成 ③台湾での福島の魅力発信イベント主催。福島県産物の台湾輸出支援。
経済産業省
「地域の伝統・魅力等発信支援事業」
福島の復興支援にご尽力頂いている台湾の各団体との連携で、「福島の復興・魅力発信を通した台湾国内での福島を応援していただく台湾市民コミュニティ形成事業」と題し、福島の魅力を台湾に伝える事による風評払拭・交流拡大のプロジェクトをしています。
①日本在住の台湾人若者による福島県取材ツアー ②福島を応援していただく台湾市民コミュニティ「福島前進団」の結成 ③台湾での福島の魅力発信イベント主催。福島県産物の台湾輸出支援。

福島県12市町村移住定住体験支援事業

NPO法人元気になろう福島では移住定住をサポートします
福島を知ってもらうことから体験ツアーを行っています

福島県は、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う避難指示等の対象となった12市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村(以下「12市町村」という。))において、県外からの新たな住民の移住の促進により、新たな活力を呼び込むことで、12市町村の復興・再生の更なる加速化を図ることを目的として、新しい地域を作り出すなどチャレンジを行う意欲のある、県外から12市町村への移住者に対して、移住サポート支援交付金申請をサポートしています。

お知らせ

2022年 随時

県外からの移住定住サポート、地域活性化のコンサル業務をしています。お気軽にお問合せ下さい。
体験宿泊地:福島市内、川内村、磐梯、富岡町その他

2022年11月23日 11月23日(水・勤労感謝の日)に福島県大熊町において「福島前進 福島台湾ビジネスマッチング」を開催します。
台湾側企業と福島県側企業0社とのビジネス交流会を開催し、福島の物産や企業を台湾へ訴求すると共に、その課題解決や具体的な方策について意見交換をしました。
2022年11月20日 第二回目『福島伝承ラーニングジャーニースタディーツアー』参加者8名11月18日〜11月20日開催しました。
2022年10月30日 第一回目『福島伝承ラーニングジャーニースタディーツアー』参加者9名10月28日〜10月30日開催しました。
2022年10月25日 2022年10月25日〜26日在日台湾人の会「東京華僑総会」福島磐梯町交流アテンド
2022年10月24日 関西大学社会学部「古川ゼミ」の学生さんから3.11以降の日本社会を考えるをテーマに富岡町つつじ再生プロジェクトに関してZOOMでの面談を受けました。
2022年 9月30日 福島大学「川崎ゼミ」第56回福島長期復興政策研究会の川崎先生と学生さん6名が当団体の概要や活動実績に関し話を聞きに来訪されました。
2022年 9月28日 心の復興事業富岡町つつじ再生プロジェクト令和4年度第二回ワークショップ10月22日(土)開催。富岡町「学びの森」第三会議室
2022年 9月20日 2022年10月17日(月)~23日(金)福島前進団(台湾人)福島12市町村取材案内
2022年 9月16日 2022年11月5日(土)開催「令和4年度大熊町ふるさとまつり」出店申込。台湾フーズ販売
2022年 8月31日 2022年11月6日(日)開催第8回かわうち祭り-秋の陣-出店申込。台湾フーズ販売
2022年 8月27日 心の復興事業富岡町つつじ再生プロジェクト令和4年度第一回ワークショップ開催。富岡町「学びの森」第三会議室
2022年 8月1日 令和4年度福島伝承ラーニングジャーニースタディーツアー(開催日4回各2泊3日)募集を開始
2022年 8月31日 2022年11月6日(日)開催第8回かわうち祭り-秋の陣-出店申込。台湾フーズ販売

活動報告

福島県富岡町「心の復興事業」
震災で失われた町の花「つつじ再生プロジェクト事業」今年度2回目のワークショップ。里親さんが苗木の植え替え作業をしました。(2022年10月22日 於:富岡町学びの森)
台湾福島前進団「福島民友」

台湾と福島県をつなぐ事業として台湾メディア・インフルエンサーに福島産品を案内し取材をしていただきました。                2022年10月17日

台湾福島前進団「福島民報」

福島前進団「Pop Up Fukushima」を開催。台湾からインフルエンサーが来日福島に来ていただき浜通り12市町村、1Fを案内しました。
2022年10月18日

東京華僑総会
在日台湾人の会「東京華僑総会」と「磐梯町」の交流事業。磐梯町町長・磐梯町商工会会長・道の駅ばんだい駅長・磐梯町観光協会会長・磐梯町主力企業の方々と意見交流会。(2022年10月25日 於:大内宿)
中間貯蔵施設見学
中間貯蔵施設は、福島県内の除染に伴い発生した土壌や廃棄物等を最終処分までの間、安全に集中的に貯蔵する施設として、東京電力福島第一原子力発電所を取り囲む形で、大熊町・双葉町に整備している施設を特別に見学。(福島伝承ラーニングジャーニースタディー第一回目ツアー2022年10月28日)
東日本大震災原子力災害伝承館
東日本大震災・原子力災害伝承館は展示や語り部、研修、調査・研究を通じて、未曽有の複合災害について福島で何が起き、どう向き合ってきたかを伝え、防災・減災に向けた教訓を国内外や未来へつないでいく資料館。 (福島伝承ラーニングジャーニースタディー第一回目ツアー2022年10月28日)
農家民宿いちばん星
南相馬の農家民宿「いちばん星」で、震災当時役場の職員だったいちばん星の宿主から当時のお話を聞き、地区によって被災者支援金が違うことでの葛藤、民宿いちばん星をはじめた経緯を伺いました。
(福島伝承ラーニングジャーニースタディー第一回目ツアー2022年10月29日)
震災遺構浪江町請戸小学校
自分事として震災をとらえ、防災について考えるきっかけになった請戸小学校。2011年3月11日津波は小学校の2階まで達しましたが教職員の迅速な判断と生徒の協力により奇跡的に全員が無事避難することができました。(福島伝承ラーニングジャーニースタディー第一回目ツアー2022年10月29日)
双葉郡大熊町ふるさとまつり
2022年11月5日(土)大熊町ふるさとまつり二千人の来場者。NPO法人元気になろう福島は台湾スイーツ(台湾粽・台湾カステラ・タピオカミルクティー)の販売で出店いたしました。
第8回かわうち祭り―秋の陣―
2022年11月六日(日)川内村第8回かわうち祭り村民千人来場?NPO法人元気になろう福島は台湾スイーツ(台湾粽・台湾カステラ・タピオカミルクティー)の販売で出店いたしました。
中間貯蔵施設見学
ご家族を震災で亡くされた木村紀夫さんに中間貯蔵施設を案内していただき被災者目線で現在も続く被災された心の内を語っていただきました。福島伝承ラーニングジャーニースタディー第二回目ツアー2022年11月18日)
震災遺構浪江町請戸小学校
2011年3月11日津波は小学校の2階まで達しましたが教職員の迅速な判断と生徒の協力により奇跡的に全員が無事避難することができました。(福島伝承ラーニングジャーニースタディー第二回目ツアー2022年11月19日)
東日本大震災原子力災害伝承館
東日本大震災・原子力災害伝承館は展示や語り部、研修、調査・研究を通じて、未曽有の複合災害について福島で何が起き、どう向き合ってきたかを伝え、防災・減災に向けた教訓を国内外や未来へつないでいく資料館。 (福島伝承ラーニングジャーニースタディー第二回目ツアー2022年11月19日)
坂下ダム
東京電力福島第一原子力発電所に冷却水を供給するために作られたダム見学。(福島伝承ラーニングジャーニースタディー第二回目ツアー2022年11月20日)
OIC
旧大野小学校から生まれた大熊インキュベーションセンター。大熊町で実証・実装の場として自社の事業を成長させたい企業・起業家が集まる場所の見学。(福島伝承ラーニングジャーニースタディー第二回目ツアー2022年11月20日)
かわうち@WORK
伝承ツアー最後に古民家「かわうち@WORK」でツアーで経験したことを参加者全員でシェアーしました(福島伝承ラーニングジャーニースタディー第二回目ツアー2022年11月20日)
福島台湾ビジネスフォーラム

福島県大熊町において「福島前進 福島台湾ビジネスマッチング」を開催。台湾側企業と福島県側企業約とのビジネス交流会、福島の物産や企業を台湾へ訴求すると共に、その課題解決や具体的な方策について意見交換。(2022年11月235日 於:linkる大熊)

パネルディスカッション
 「福島と台湾の未来構築」座長:吉村剛史氏(ジャーナリスト/元産経新聞台北支局長)パネラー:先崎温容氏(福島県議会議員)、岩波初美氏(千葉県議会議員)、王 宣堯氏(台湾新聞社)、呉 秉倫氏(台湾貿易)、布施賀品氏(サンアメニティ取締役)、黒田敦史氏(ビジネスゲイトウェイ)
東京華僑総会
在日台湾人の会「東京華僑総会」と「磐梯町」の交流事業。磐梯町町長・磐梯町商工会会長・道の駅ばんだい駅長・磐梯町観光協会会長・磐梯町主力企業の方々と意見交流会。(2022年10月25日 於:大内宿)

企業理念

NPO法人

ふくしまが元気になれば、にっぽんが元気になる。
NPO法人元気になろう福島は、福島県内の地域の活性化等に取り組んでいる地域住民・団体、あるいは事業主体に対して、地域活性化の各種提言を行うとともに、各種団体を結びつけ、地域活性化実現に向けた具体的なプロジェクトの構築についての提案・支援やコンサルティング業務を行っています。地域活性化のキーワードは「連携」。元気な福島をみんなで作ろう!

企業情報

事業名 特定非営利活動法人 元気になろう福島
設立 2010年 10月25日
法人番号 8380005010206
代表者氏名 本田 紀生
所轄庁 福島県
所在地 福島県双葉郡川内村大字上川内町分282番地の6
電話番号 024-563-7166
事務局 福島県福島市荒町4-7 県庁南再エネビル2F
お問合せ info@genkifukushima.jp
法人番号 8380005010206

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。