今年度、川内村で日本酒作りに取り組んでいましたが、遂に完成となり、多くの方にお披露目することが出来ました。

(この事業は「平成29年度福島県ふるさと・きずな維持・再生支援事業」「大塚商会ハートフル基金」の支援を受け実施しています。)

完成した日本酒がこちら。

川内村産酒米「夢の香」使用 純米吟醸”歸宴”

早速、3月21日に川内村、3月24日に東京都新宿区で完成披露会を行いました。

<川内村会場の様子>

<東京会場の様子>

両会場ともに多くの方に参加頂き、盛会の中でお披露目とすることが出来ました。

今回の日本酒作りを通して、川内村の魅力がたくさんの方に伝わっていれば嬉しいです。

お披露目会に参加頂いたみなさま、そして、今年連携して取り組んできた川内村役場、川内村商工会、福島大学農業六次化チームをはじめとした関係者のみなさまに改めて感謝申し上げます。

この日本酒が、川内村の復興・再生だけに留まらず、むらの活性化や発展に繋がっていくようこれからも取り組んでいきたいと思います。