今年度取り組んでいる川内村のお酒づくりプロジェクトですが、遂に名前が決まりました。

 

”歸宴”(かえるのうたげ)

 

川内村を代表する「かえる」と村に「帰る」の2つの意味を込めると共に、このお酒が村の皆さんの宴の中心に置かれ、村民の輪を作っていくことを期待して名付けられました。

また、「帰」の旧字体である「歸」を使用することで、元の川内村に戻るようにと言う願いも込められています。

 

お酒の命名に関しては福島大学川内村恩返しプロジェクト(農業六次化チーム)が中心となり、候補の選定や川内村での村民投票を実施しました。

全190票の内、66票を集めた”歸宴”。多くの村民の願いが込められたお酒として、これからいよいよ醸造がはじまります。